参照元がどこかGoogleアナリティクスのURLパラメータで計測する

GoogleアナリティクスのURLパラメータ

自分のサイトにどれくらい流入したかなど調べる場合グーグルアナリティクスのURLパラメータを使うと簡単に計測できます。例えばランディングページからどれくらい流入したか、メルマガからどれくらい流入したか、Lineからどれくらい流入したかなど計測するときに便利です。キャンペーン名もセットできますのでより詳細に設定できます。

計測方法は簡単でリンク元のURLにGoogleアナリティクスで計測できるように指定のパラメータをセットするだけです。パラメータを作成するビルダーも公式に準備されているので簡単に作成できます。

パラメータビルダー(翻訳機能を使うとわかりやすいです。)
https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/

パラメータ設定方法

パラメータはURLの?以降のことをいい、ここにGoogleアナリティクスで計測できるように指定のパラメータをセットします。

以下の例ではLINEのメッセージ上に自サイトのURLとパラメータをセットしたリンクを書き込みLINEからどれくらい流入したかを計測するためのパラメータ例です。


https://www.example.com/?utm_source=Line_message&utm_medium=Line&utm_campaign=winter_sale

パラメータ説明

utm_source
参照元を入力します。サイト名、mail、messageなど。
例ではLine_message

utm_medium
参照元メディアを入力します。banner、Line、emailなど。
例ではLine

utm_campaign
キャンペーン名を入力します。冬のsale、半額、無料など。
例ではwinter_sale

確認方法

Googleアナリティクスの管理画面上から確認できます。

集客→キャンペーンから確認でき、設定したキャンペーン名、参照元、メディアが記録されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする