【監視】LinuxにZabbixをインストールする

3.0系用のリポジトリ登録

・CentOS6

yum install http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm

・CentOS7

yum install http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm

apacheインストール

apacheとPHPがインストールされているか確認する。

yum list | grep httpd
yum list | grep php

もしインストールされていない場合は以下のコマンドでapacheとPHPをインストールする。

yum install httpd php php-mbstring php-mysql php-pear php-gd mysql-server php-mcrypt

MySqlをインストール

MySqlがインストールされていない場合はインストールする。

yum install mysql-community-server

zabbixをインストール

yum install -y zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent

初期データベースの作成

mysql -uroot
> create database zabbix;
> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'ここに設定するパスワードを入力' ;
> exit

DBにデータ挿入

zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.28/create.sql.gz | mysql -uroot zabbix

zabbixの設定

vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=ここに設定したDBのパスワードを設定
vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
<Directory "/usr/share/zabbix">
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Require all granted

    <IfModule mod_php5.c>
        php_value max_execution_time 300
        php_value memory_limit 128M
        php_value post_max_size 16M
        php_value upload_max_filesize 2M
        php_value max_input_time 300
        php_value always_populate_raw_post_data -1
        php_value date.timezone Asia/Tokyo
    </IfModule>
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/conf">
    Require all denied
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/app">
    Require all denied
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/include">
    Require all denied
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/local">
    Require all denied
</Directory>

・CentOS6

service zabbix-server start
service zabbix-agent start
service httpd start

CentOS7

systemctl start zabbix-server
systemctl start zabbix-agent
systemctl start httpd

自動起動設定

・CentOS6

chkconfig zabbix-server on
chkconfig zabbix-agent on
chkconfig httpd on

・CentOS7

systemctl enable zabbix-server
systemctl enable zabbix-agent
systemctl enable httpd

zabbixにアクセス

http://[サーバIP]/zabbix/

デフォルトのログインアカウントは以下です。
アカウント「Admin」、パスワード「zabbix」

ポート80番解放

・CentOS6

vi /etc/sysconfig/iptables

<pre>-A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 80 -j ACCEPT</pre>

service iptables restart

・CentOS7

firewall-cmd --add-port=80/tcp --zone=public --permanent
firewall-cmd --reload

SELinuxの制限解除

・CentOS7

getsebool -a|grep zabbix

httpd_can_connect_zabbix --> off
zabbix_can_network --> off

setsebool -P httpd_can_connect_zabbix on
setsebool -P zabbix_can_network on
getsebool -a|grep zabbix
httpd_can_connect_zabbix --> on
zabbix_can_network --> on

日本語化

Zabbixにログイン後、右上のユーザーアイコンをクリックし
「Language」を「Japanese(ja_JP)」に変更したら「Update」をクリック

エージェントインストール

・CentOSバージョンチェック

cat /etc/redhat-release

・Zabbixリポジトリインストール
→CentOS6 Zabbixインストール用のリポジトリをインストールする。

yum install -y http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm

→CentOS5 Zabbixインストール用のリポジトリをインストールする

yum install -y http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/5/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el5.noarch.rpm

→CentOS7 Zabbixインストール用のリポジトリをインストールする

yum install -y http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm

Zabbixエージェントインストール

yum install zabbix-agent

エージェントの設定変更

vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
Server=[サーバのIP]

ListenPort=10050

ListenIP=[自分のIP]

ServerActive=[サーバのIP]

Hostname=[ホスト名]

ポート開放

vi /etc/sysconfig/iptables
-A INPUT -s [サーバIP] -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 10050 -j ACCEPT
service iptables restart

Zabbixサーバのポート開放

vi /etc/sysconfig/iptables
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 10051 -j ACCEPT -s [クライアントのIP]

エージェント起動

service zabbix-agent start

自動起動設定

chkconfig zabbix-agent

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする