バッチの基本 ユーザー操作、レジストリ操作、タスクスケジュール操作、コンピューター情報操作

前回のつづき

コンピューター情報操作

「wmic computersystem」コマンドはコンピューター名、グループ名の編集、ドメイン参加などコンピューターの情報操作でき操作できるコマンドです。

・コンピューター名の変更
wmic computersystem where name="%computername%" call rename name="[新しいコンピュータ名]"

・グループ名の変更
wmic computersystem where name="%computername%" call joindomainorworkgroup name="[新しいグループ名]"

・ドメイン参加
wmic computersystem WHERE "name='%computername%'" CALL JoinDomainOrWorkgroup name="[ドメイン名]" username="[ユーザー名]" password="[パスワード]" FJoinOptions=3

ユーザー操作

「net user」コマンドはユーザー関連の操作行えるコマンドです。

・adminユーザー有効化
net user administrator /active:yes

・ユーザーパスワード変更
net user [username] [password]

セッション操作(パソコンやサーバに接続しているユーザー)

・セッション一覧表示
net session

・セッション切断
net session [切断したい\\コンピュータ名] /delete /y

レジストリ操作

レジストリはWindowsやアプリケーションの設定がまとめられているデータベースです。このコマンドを使ってPCのキッティングの自動化などでよく使います。

レジストリ追加

reg add [キー名] /v [設定したい値の名前] /d <値> /t <タイプ> /f
例 UACを無効
キー名:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender
設定したい値の名前:DisableAntiSpyware
値:1
タイプ:REG_DWORD
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender" /v "DisableAntiSpyware" /d "1" /t REG_DWORD /f
例:令和対応
キー名:"HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras"
設定したい値の名前:"2019 05 01"
値:"令和_令_Reiwa_R"
タイプ:REG_SZ
REG ADD HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras /v "2019 05 01" /t REG_SZ /d "令和_令_Reiwa_R"

レジストリ参照

reg query [キー名] /v [設定したい値の名前]
キー名:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender
確認した値の名前:DisableAntiSpyware

例 UACを無効

reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender" /v "DisableAntiSpyware"

例:令和対応

reg query "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras" /v "2019 05 01"

タスクスケジュール

「schtasks」はタスクスケジュールを操作するコマンドです。サーバを整理するときにタスクスケジュールを一覧でまとめたときに使いました。

タクス実行

schtasks /run /tn [タスク名]

タスク追加

例1

タスク名(/tn [タスク名]):admin
実行ユーザー(/RU [ユーザー名]):administrator
実行ユーザーパスワード(/RP [パスワード]):password
実行コマンド(/tr [コマンド]):C:\タスク実行\Command
スケジュール(/sc [頻度] /sd [開始日付] /st [開始時間] /ri [間隔] 1-599940 分):一度 2100/01/01 00:00:00
上書き(/F):あり
実行レベル(/rl [LIMITED/HIGHEST]):HIGHEST
遅延時間(/DELAY [時間]):なし
schtasks /create /tn "admin" /RU administrator /RP password /tr C:\タスク実行\Command /sc once /sd 2100/01/01 /st 00:00:00  /rl highest /F

例2

タスク名(/tn [タスク名]):shutdow
実行コマンド(/tr [コマンド]):C:\insouApp\POS\Shutdown.bat
スケジュール(/sc [頻度] /sd [開始日付] /st [開始時間] /ri [間隔] 1-599940 分):毎日 03:00:00
上書き(/F):なし
schtasks /create /tn "shutdown" /tr C:\insouApp\POS\Shutdown.bat /sc daily /st 03:00:00

スケジュール無効化

schtasks /Change /DISABLE /TN [タスク名]

スケジュール削除

SCHTASKS /Delete /TN [タスク名]

タスク追加

SCHTASKS /Query /TN [タスク名]

ネットワークインターフェース設定

「netsh interface」はネットワークインターフェースの設定するコマンドです。これもPCのキッティングの自動化などでよく使います。

IPV4インターフェース一覧

netsh interface ipv4 show interfaces

IPV4インターフェース詳細

netsh interface ipv4 show interfaces [インデックス番号]

IPアドレス一覧表示

netsh interface ipv4 show addresses

ネットワーク設定

netsh interface ip set address [インターフェース名] static [IPアドレス] [サブネットマスク] [デフォルトゲートウェイ]

例:固定IP

netsh interface ip set address "ローカル エリア接続" static 192.168.3.5 255.255.255.0 192.168.3.1

例:dhcp

netsh interface ip set address "ローカル エリア接続" dhcp
netsh interface ip set dns "ローカル エリア接続" dhcp

インターフェース無効

netsh interface set interface "[インターフェース名]" disable

ワイヤレスLAN設定

「netsh wlan」はWiFiの設定ができるコマンドです。

接続設定

netsh wlan connect name="[SSID]"

接続設定(プロファイルの追加)

netsh wlan set profileparameter name="[SSID]" keymaterial=[セキュリティーキー] connectionmode=[auto/manual]

プロファイルをエクスポート

netsh wlan export profile name="[SSID]" folder=[出力先フォルダ]

プロファイルをインポート

netsh wlan add profile filename="[出力したxmlファイル]"

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする