ls -h でバイト単位 → MB(メガ) → GB(ギガ)に単位変更する hの略はまさかの!?

ls -h で単位を見やすく

業務でデカイファイルがあると連絡があり調べてみると「25,000,000」という単位があり「これ25Gぐらいあるの?」という質問にすぐに回答できなかった。そこで単位を見やすくするために

ls -lh

コマンドで確認すると25MBだった。感覚で判断すると、とんでもない間違いをしてしまう。見やすくするのは大事だと感じた。

オプションhは何の略?

調べてみると「human-readable」。「人間が読めるようにするよ」という意味だった。まさかの「human」の「h」だとは思わなかった。

hを使う他のコマンド

ほかには

du -f

ディレクトリの容量を調べるコマンド

df -f

ディスクの容量を調べるコマンド

で使います。こちらのほうが単位に直結しているのでよく使うと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする